今旬なスタイリング!アンクル出しのメリットとポイントを紹介!




セレクトショップなどの感度の高い店舗の販売員は、くるぶし(アンクル)を出したコーディネートの人が多くいます。

 

ユニクロでもイージーアンクルパンツって名称で今春から大々的に売り出しており、今後、アンクルを露出する人が多くなっていくと思います。

 

セレショ好きな僕も例外なくアンクルを露出してるのですが、アンクルを出すメリットや注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

アンクルを出す理由

その1 色気が出る

f:id:hamalogchan:20170308161855j:plain

出典:http://www.beams.co.jp/

男の色気の出し方を考えた時に、胸元を不自然に露出する人がいますが不正解です。露出する面積を増やせば、色気がでる訳ではありません。

 

露骨にを出す女性を見ても色気があると思う人は少ないはず。エロいけど、品がないし簡単にヤレそー!っと思われるのが関の山。

 

それと一緒で男が無駄に露出をしても”チョイワル”とか”成金”っぽい雰囲気が出てゲスくてダサく見える。露骨に露出すると低俗な印象を与えてしまうのは男女に言えることです。

 

色気を出すのに必要なのは適度な露出です。男性の場合は首・手・足首の3ポイント。全身を衣類で覆っているからこそ、チラッと見える素肌から色気が漂うのです。

 

半袖半ズボンの少年のような露出の多い服装では色っぽく感じませんし、あくまでも適度な露出です。

 

その2 清潔感

足首を見せることによってスッキリとした印象を与えることができるので、異性受けに必須な清潔感を簡単に出すことが出来ます。

 

アンクルを出さない人も普段の服装でアンクルを出すだけで、春夏っぽい季節を感じさせる雰囲気が簡単に出せますよ!

 

その3 コーディネートが楽ちん

f:id:hamalogchan:20170320213546j:plain

出典:http://www.beams.co.jp/

靴下選びって難しいんですよね〜。靴とパンツに合う色を選ぶの大変だし、変な色や柄を選んだときは靴下だけが浮いちゃってトータルでダサくなります。

 

それならいっそ、靴下を見せず素肌を見せたほうがコーディネートに馴染みやすいし、靴下を選ぶ時間も無くすことが出来ます。

 

アンクル出しの注意点

靴下は履こう!

裸足に革靴だと思われがちですが、しっかりと靴下を履いてます。

 

カバーソックスや、ベリーショートソックスなど”靴下を履いていないように見える”靴下です。

 

靴下を履かないと足が蒸れて臭くなる上に、靴もダメになりやすいので気をつけましょう。

▼ユニクロでいうとコレ

www.uniqlo.com

靴下は消耗品なのでユニクロで十分!踵にすべり止めが付いているので、脱げにくくなっています。

 

テーパードパンツがオススメ

f:id:hamalogchan:20170320200612j:plain

アンクルを出す際にオススメなのが、裾に向けて細くなっていくシルエットのテーパードパンツ。全体が細いスキニーパンツに比べ、ゆとりのあるテーパードパンツの方が足首を出したときの見栄えが良いです。

 

丈の長さ

f:id:hamalogchan:20170323235627j:plain

丈の長さ次第で見え方が大きく変わってきます。短すぎるとツンツルテンになり、長すぎるとアンクルが見えません。

 

ノークッション(裾が靴に被らないくらいの長さ)で、若干肌が露出するくらいの長さからチャレンジすると感覚が付いてきます。

 

石田純一の呪い

f:id:hamalogchan:20170320201721j:plain

出典:https://robot8.net/archives/4923

素足に革靴と言ったら石田純一ってイメージありませんか?

 

素足靴下が浸透してきたと言え、未だに「石田純一じゃん!」って弄られます。そこはメンタルを強く持ち、石田家の一員として上手く切り抜けましょう。

 

まとめ

アンクル出しは簡単にお洒落に見せる方法です。靴下の合わせを考えなくていいし、アンクルパンツを買っちゃえば裾上げも不要だし経済的!

 

一度アンクル出しに慣れるとアンクル出ししかしなくなる程、お手軽なファッションテクニックなので靴下選びに悩む人は積極的に取り入れましょう!

スポンサーリンク