バックパックの選び方とおすすめのブランド5選!

スポンサーリンク

どうも、しゅうへです。ぼくはincaseのバックパックを8年間使い続けました。

もちろんシンプルなデザインで使いやすかったのが長年使い続けられた理由ですが、自分の用途に合った好みのバックパックに出会えなかったこともあります。

今回は、長年使えるバックパックの選び方と、おすすめのブランドとモデルを紹介していきます。

スポンサーリンク

バックパックの選び方

まずバックパック選びで大切にしていることを紹介します。

使いやすいデザイン

カジュアルだけではなくキレイめな服装にも使いやすいデザインは必須要素。

色は黒で、配色が少なく、ブランドロゴ以外の文字、デザイン、装飾は極力少ないほうがコーディネートに合わせやすいのでおすすめです。

せっかくお金を出して買ったのに使わなくなると勿体無いので使いやすいものを選びましょう。

 

たくさん入る大容量

ノートパソコン・カメラ・数枚の衣類・お風呂セット・充電器などの小物が入るくらいの容量があれば合格点で20リットル以上の容量がおすすめです。

ぼくは持ち運ぶ荷物が、少ないのでバックパックひとつで小旅行ができるくらいが理想。

ポイント

  • クッション性のあるノートパソコンの収納スペースがあるか
  • アウトポケットや仕切りが多く、小物の収納に困らないか

 

雑に扱える耐久性

ほぼ毎日使うことを想定しているので、雑に使っても大丈夫な素材を使っているか。ノートパソコンを持ち運ぶので雨に強いかも大切です(撥水性・防水性)。

通常のナイロン素材より強度のある、バリスティックナイロンやコーデュラナイロンを使っていればいいと思います。

 

 

上記の要素を満たしていれば、流行に左右されず長い期間使用できます。

ここから、おすすめのブランドとモデルを紹介していきます。

 

DSPTCH / ディスパッチ

引用:https://dsptch-jp.com/

2010年にサンフランシスコで設立したブランドです。

ミリタリーハードウェアからインスピレーションを受け、カメラのストラップメーカーとして始業しました。

シンプルなデザインに高機能で耐久力にも優れたバッグやスマホケースなどのアクセサリーも扱っていて、全ての商品がアメリカで作られています。

Ruckpack / ルックバック

カジュアル・キレイめどちらでも使えるシンプルなデザイン。

外部からの衝撃を緩和するPCスリーブ、定期やスマホなどの小物を収納するためのポケットも付いています。また、背面にはアルミ製バックパネルが付いているため背中にフィットし疲れを軽減してくれます。

素材には、耐久性・撥水性に優れた1680デニールのパリスティックナイロンや、デュラフラックスファスナー・ミルスペック仕様ベルトとミリタリーブランド顔負けの耐久性に優れた素材を使用しています。

ぼくが現在メインに使っているのバックで、紹介記事も書いているので気になる方は是非!

Amazonでも取り扱っています。

 

BRIEFING / ブリーフィング

引用元:http://www.briefing-usa.com/

「BRIEFING」とはミリタリーにタウンユースを落とし込んだ日本のブランドです。ミルスペックといわれる、宇宙・深海・砂漠・極地などの過酷な環境でも100%の性能を発揮できる軍事用品の企画に準拠したモノ作りをしています。

ATTACK PACK / アタックパック

カジュアルスタイル向けのバッグパック。

アウトポケットが4ヶ所設置されているので小物を多く持ち運ぶ人にピッタリ。見た目の割に荷物も多く入るので荷物が多い人にもおすすめです。でも、PCスリーブが無いのが残念かな。

素材には1050デニールのパリスティックナイロンを使用しています。

 

INCASE / インケース

引用先:http://www.incasejapan.com/

1997年に生まれたブランドです。「a better experience through good design(よいデザインを通してよい経験を)」をコンセプトとしており、あのAppleが!スティーブ・ジョブズ氏が認めている唯一のブランドです。

公認ブランドのため、AppleストアにいくとバッグやiPhoneケースが置いてあります。

NYLON BACKPACK / ナイロンバックパック

19歳の初売りセールで購入してから27歳までの8年間使ってました。

愛嬌のある丸みのあるフォルムで使いやすさ抜群。アウトポケットとPCスリーブ部分がファーになっているので貴重品の収納におすすめ。仕切りも多くあるので収納しやすく機能性にも優れています。

素材は、ナイロン素材なので扱いやすのもポイントです。

インケースの日本のオフィシャルサイトでは展開されていませんが、Amazonなどの通販サイトで購入できます。

 

ARC’TERYX / アークテリクス

1989年にカナダで生まれたアウトドアブランド。革新的なアウトドア技術とデザインで多く人を魅力しています。アウトドアブランドだけあって、とにかく軽量化と耐久力を追求しています。

Arro 22 / アロー22

アークテリクスの代名詞的なモデル。

デザインは言うことなし!

機能面は、防水加工ナイロンにジッパーを使用しているので突然の雨でも安心安全。背面にはプラスチックパネルが入っているので背中にフィットして疲れを軽減してくれます。

ポケットが少ないのと使ってる人が多いのが残念かな。

 

MYSTERY RANCH / ミステリーランチ

引用:http://www.mysteryranch.jp/

2000年に設立されたバックパックブランド。

カバンの軽量化を図っておらず、『実際に重い荷物を担いで長距離移動する時の快適性を重要視』しているのも特徴で『究極のバックパック』とも呼ばれています。

『機能性』『背負い心地』『品質』 『耐久性』に優れているため、米軍・ハンター・森林消防隊・登山家など過酷な環境下で使う多くのユーザーに愛用されています。

URBAN ASSULT / アーバンアサルト

ミステリーランチを象徴するY字型の3WAYジップ。

カバンの上から下まで開閉できるので、たくさんの荷物を詰めても出し入れが簡単です。PCスリーブもあるので便利。

ナイロンの約7倍の強度をもったコーデュラナイロンを使っています。

 

まとめ

バックパック選びひとつで日々の生活の利便性が大きく変わります。バックパックをお探しの方は失敗しないように自分が使う用途や機能をハッキリさせると見つけやすいですよ。

ちなみに僕はインケースを8年使い、現在はディスパッチのバックパックを使っていますが、どちらも使いやすいので満足してます!

 

関連記事

バックインバックにおすすめなクラッチバックとしても使えるPCバック。

 

 

スポンサーリンク