【Barbour】バブアービデイルを2回洗濯してみた【オイル抜き】

スポンサーリンク

英国のアウトドア・ライフスタイルブランドBarbour(バブアー)の定番モデル『ビデイル』を洗濯してオイル抜きをしたんですが大変でした!

普通は洗濯するアイテムではないので、洗濯方法や縮み具合、洗濯した後の使いやすさなど紹介していきます。

スポンサーリンク

洗うきっかけ

オイルで手がベタベタして使いづらかったこともありますが、一番の理由は秋になり一年ぶりにクローゼットから取り出すとカビが生えていたからです。

臭いが強烈で、拭いても拭いても取れなかったので色々と調べた結果洗濯することにしました。

 

オイルドジャケットの欠点

バブアーのオイルドジャケットは、生地表面にオイルを染み込ませることで光沢感を出し、防水性・保温性・耐久性などを持たせた機能的なアイテムです。

しかし、定期的にオイルを張り替えてメンテナンスをしないといけません。冬に着用してそのままクローゼットに入れておくと、オイルが劣化して酸化するためカビの生える絶好の繁殖条件を揃えちゃってるんです。

某セレクトショップで買ったんですが、一言も教えてくれませんでした。メンテナンスは面倒なので、事前に知っていれば買わなかったと思います。今さら言っても、遅いんですがw

ちなみにカビが生えた状態を撮影し忘れましたが、白く斑模様に染まったいかにもカビって感じでした。

 

洗濯までの経緯

近所のクリーニング屋に出すことも考えましたが、品質表示が「クリーニング不可」のため基本断られます。

▼洗濯表示は英語でよく分かりませんが☓ばっかり

f:id:hamalogchan:20160109111839j:plain

 

ラヴァレックスという専門店でクリーニングすることは出来ますが、納期が長く料金も高いので諦めました。

料金:12000円~ 納期目安:3か月 パーツ交換:可

 

製品自体の値段が高く、メンテナンス費用も定期的にかかるためクリーニングに出すのは止めることに…。

色々と調べてみると、自分でバブアーを洗濯してオイル抜きする人も多いので自分で洗濯することを選びました。

 

オイル抜きのメリット

バス・電車に着用したまま乗れる

「この理由なんなの?」っと思うかもしれません。

公式サイトから引用していますが、簡単にいうと使い勝手が悪いです。

お取り扱い上の注意
防水オイルによる処理を施してあるという商品の特性上、ご使用方法によっては他のものに防水オイルが移染する可能性がございますので下記にご留意下さい。

・電車や自動車などの乗り物に乗る場合は着用をお避け下さい。移染を避ける為、オイルドクロス面が別の素材に触れないように、ジャケットを裏返して丸めておかれることをお勧めします。

・シートや椅子に長時間放置すると移染する可能性があります。同様に、オイルドクロス面が別の素材に触れないように、ジャケットを裏返して丸めておかれることをお勧めします。

・長時間着用しているとパンツやスカートに移染する可能性があります。 保管においては、クローゼットのなかで他の衣料に直接密着する状態を避け、通気性のよい布にかぶせて保管ください。

引用:バブアー公式サイトより

 

手がベタつくストレスから解放

今までは、着脱する度に手がベタベタになるので小まめに手を洗う必要がありました。

オイル抜きをしてからは、手がベタつきにくくなったので外出時のストレスが減りました。

 

臭いがなくなる

オイルの臭いもカビの臭いも無くなるので、周りの目を気にする必要がなくなりました。

友達や恋人と遊んでいるときに、臭いと嫌ですもんねw

 

汚れが落ちる

汚れを落とすことで気持ちよく着ることが出来ます。

洗濯すると水が黒く濁るので、服を洗わない汚さを実感できます。オイルが落ちていく様子をみるのも楽しいです。

 

オイル抜きのデメリット

色が抜ける

色褪せることで高級感がなくなり都会的な印象はなくなります。

代わりに、抜け感が出てコーディネートはしやすくなりますが、光沢感のある都会的な雰囲気がバブアーの良さだと思うので個人的にはマイナスポイント。

 

防水性、耐久性が落ちる

オイルを抜くので機能的ではなくなります。

正直なところオイルを抜く前に、防水性や耐久性を必要とするシーンがなかったので使いにくくなった実感はありません。

 

保証が効かなくなる

洗濯をすると以下の保証が受けられなくなります。

素材や技術的な問題があった場合は、全て無料で修理交換します

 

洗濯してみた①

カビ生えてる、臭い、使いづらい、お金かけたくない、の4拍子が揃ったので迷わず洗濯を決行!

専門店に出さないと保証を受けられなくなりますが、メンテナンスが面倒だしオイルを入れるつもりもないので適当に洗濯しちゃいました。

 

用意するもの

  • オイルドジャケット
  • バケツやたらい
  • 洗剤
  • ナイロンブラシ

 

洗剤は油汚れに強いと評判のあるワーカーズを使用しました。これでバブアーを洗う人が多かったのも決めてです。

 

ナイロンブラシを使わないとオイルが全然落ちないのでは必須です。100均のものでも大丈夫です。

 

手順

1.熱めのお湯に洗剤を入れてジャケットをいれる。

バケツに半分くらいシャワーで40度のお湯を入れて、ヤカンで沸騰したお湯もバケツに投入。洗剤を適当にドバっといれたら、30分ほど浸け置きします。

f:id:hamalogchan:20160109115043j:plain
熱いお湯を使うことで、オイルが落ちやすくなります

 

2.モミ洗い

ひたすらモミ洗いして汚れとオイルを落とします。これがめちゃくちゃ疲れる!!

水がクリアになるまで、つけ置きとモミ洗いを3回繰り返しました。

 

▼1回目…めっちゃ汚い

f:id:hamalogchan:20160109115152j:plain

 

▼2回目…褐色がなくなり、綺麗になってきた感

f:id:hamalogchan:20160109115837j:plain

 

▼3回目…あまり変わらない。生で見るともっとクリアです。

f:id:hamalogchan:20160109115959j:plain

 

3.襟のコーデュロイをブラッシングで落とす。

ちなみにブラシが見当たらなかったんで、スポンジで対応しました。

スポンジだと汚れが落ちにくいのでナイロンブラシがおすすめです。

 

4.洗濯機ですすぎをして脱水する

モミ洗いした水があまり汚れなくなったら洗濯機に入れます。

すすぎ2回、脱水8分でやりました。

オイルがある程度落ちていないと洗濯機が壊れるようなので気を付けよう

 

5.陰干しする

乾くまで干します。ハンドウォームポケットは外へ出して乾かしましょう。

 

ビフォーアフター

▼洗濯前

f:id:hamalogchan:20160109130551j:plain

 

▼ 洗濯後

f:id:hamalogchan:20160109130930j:plain

縮みの変化

  • 着丈72CM→69CM(-3CM)
  • 裾幅58CM→57CM(-1CM)
  • 裄丈73CM→71CM(-2CM)

 

モミ洗いだけだと、オイルの艶感がなくなる程度で色はあまり落ちませんでした。カビ臭さもなくなったので満足。

あと、ジャケットの上にバブアーを羽織る予定で1サイズ上げて購入しましたが、縮んだおかげでカットソーやニットの上に羽織れるようになり裾が膨らまずに着やすくなりました。

けど、一度の洗濯だけだとベタつきはまだあります。

 

洗ってみた②

一回目の洗濯で、水が黒くならなくなりオイルが落ちてきた感じがしました。

色落ちは気にならないので満足だったんですが、ベトベト感が許せませんでした。1度やれば、2度目の洗濯に抵抗感は無かったので、早速ナイロンブラシを購入して再洗濯しました。

 

前回の工程に沿って

  1. 熱いお湯に30分ほどつけ置き
  2. 揉む
  3. ブラシで擦る
  4. 洗濯機ですすぎをして脱水する
  5. 陰干し

 

今回は1~3の工程を2回やりました。

ひたすら擦り洗いしましょう。特に、見返し・ハンドウォームポケット口・ボタン・ファスナーがベタベタするので入念にゴシゴシしました。

f:id:hamalogchan:20160109120928j:plain

 

洗い上がり

f:id:hamalogchan:20160109131332j:plain

 

擦り洗いをすると、さすがに色が落ちました。色の落ち方にムラがありますが古着っぽい雰囲気に。

f:id:hamalogchan:20160109132110j:plain
縮みの変化

  • 着丈69CM→68CM(-1CM)

 

f:id:hamalogchan:20160111220927j:plain

擦り洗いをすると、すごく色が落ちました。

光の加減もありますが、洗濯前やモミ洗いのみと比べると差が歴然。

ベタつきも気にならなくなりました。

 

まとめ

オイル抜きやってみて分かったんですが、英国品質舐めてました。普段着ているときはオイルドジャケットの恩恵を感じませんでしたが、洗濯の大変さから耐久性や防水性があったんだなーっと実感。

「ベタついて使いにくい!」「カビが生えた!」などの理由で着ることがなくなった人は、是非洗濯してみて下さい。ぼくは圧倒的に使う機会が増えて大満足でした!

もちろん洗濯は自己責任でお願いします。

 

▼バブアービデイルのレビューはこちら

バブアービデイル評価してみた。

スポンサーリンク