【レビュー】一眼レフデビューにEOS Kiss X7がおすすめな理由!




最近写真を撮る機会が多くアイフォンのカメラだと物足りないなーっと思い、友人に一眼レフカメラを借りたら画質の美しさに感動!一眼レフカメラが欲しくなり「EOS Kiss X7」を購入しました!

 

使ってみて不満点はあるものの、一眼レフデビューする人には最適なカメラだと思うので紹介していきます。

 

スポンサーリンク

CANON EOS Kiss X7とは

f:id:hamalogchan:20170630151939j:plain

2013年4月に発売されたキャノンのデジタル一眼レフカメラ。ASP-Cサイズセンサーを搭載した重量370gで世界最小最軽量の一眼レフです。

 

CANON EOS Kiss X7を選んだ理由

店舗で実機を触り、ネットで口コミを調べまくったんですが購入するまでメチャクチャ悩みました。購入を決めた3つの理由がコレ!

 

Amazonベストセラー1位

f:id:hamalogchan:20170702133820j:plain

安価なエントリーモデルということもあり、アマゾンの一眼レフカテゴリーでずっとベストセラー1位です!

 

たくさんの人が使ってると安心感があります。使い方をネットで調べれば操作方法など沢山情報が出てくるのも初心者には嬉しい!

 

驚愕の世界最小最軽量ボディ

一眼レフについて調べてみると「重くて持ち歩くのが面倒」って意見が多くありました。

 

X7は世界最小最軽量の一眼レフなので持ち運びも便利です。気になるスペックはこんな感じです。

・幅:約116MM

・高さ:約90MM

・奥行き:約69MM

・重さ:370g

 

いまいちピンと来ないと思いますが、電気屋で実物を持ち比べてみると違いがすぐにわかります。本体が重いと写真を撮ってるときや首にかけてると疲れるし、持ち運ぶだけでも大変です。

 

本体が軽いだけで持ち運ぼうって気持ちになるし、長時間の撮影もしやすくなるので軽いに越したことはありません。女性にもおすすめです! 

 

レンズキットが安い!

とにかく安い!

 

一眼レフカメラの中でもトップクラスの安さです。

 

フルサイズ機のレンズキットを購入すると約20万円もします(本体だけだと13万円くらい)。

 

正直、一眼レフカメラを初めて買うって人にはハードルが高い。その点、X7のレンズキットは約5万円で購入できます。

 

一眼レフカメラを持ち歩くかも分からないので導入機として最適だと思いました。

 

「価格の高いフルサイズの本格的な一眼レフカメラを買っても使わなかったら…。」

 

と思いましたが安いASP-C機を使った後にフルサイズ機を買った時に、「ちょこっとした撮影する時のお散歩用カメラとして使えばいいや」って気持ちになったのが一番の決め手でした。

 

CANON EOS Kiss X7の微妙なところ

買うのがネックだったところ

センサーサイズがASP-C

一眼レフカメラのセンサーサイズにはフルサイズとASP-Cの2サイズあります。ASP-Cに比べ、フルサイズのほうが画質がよく広角でボケやすくなります。 

 

またフルサイズとASP-Cでは対応するレンズの種類が異なります。

 

フルサイズのレンズをASP-Cの本体に使うことは出来るけど、ASP-Cのレンズをフルサイズの本体に使うことは出来ないので注意が必要です。

 

フルサイズのほうが良い事だらけだけど、その分ASP-C機は本体サイズが小さくなって価格も安くなるメリットもあります。

  

Wi-Fiなどの機能がついてない

X7はWi−Fi対応していません。なので、撮影してすぐその場で写真やを転送することが出来ません。Wi-Fi転送やったことないので何とも言えませんが便利そうですよね〜。

 

また液晶は可動式ではなかったりと、必要最低限の機能しかありません。

 

使った感想

画質が綺麗

iphoneと比べると明らかに画質が良くなってるので満足!背景がボケるだけで一気に洒落た雰囲気になります。暗所での撮影はやったことがないので何とも言えません。

f:id:hamalogchan:20170630153323j:plain

 

レンズ交換ができる

使用用途に応じてレンズの交換ができるのは便利。単焦点レンズを使えば簡単に背景がボケるし、望遠レンズを使えば遠くのものもサクッと撮影できるようになります。

 

レンズの価格が高いので何個も買えませんが新しいレンズを買うために頑張れます!

 

バッテリーの持ちも十分

一度の撮影枚数が200〜300枚くらいだとバッテリーは十分持ちます。1日中撮りまくる人はバッテリーは持たないのかな?バッテリー持ちが不安な人は持っておいたほうがいいかもしれません。

 

マニュアル操作が難しい

技術力の問題だと思いますがマニュアルでピントを合わせるのが難しいです。電気屋でフルサイズ機を使ったときはマニュアルでも簡単にピントを合わせられたのに…。

 

マニュアルの撮影は諦めてオートで撮影してるんですが、思ってるところにピントが合わないので撮り直すことがしばしばあります。

 

持ってる人が多い

同じの持ってる人が多くいます。あと上位機種を持ってる人に「あ、一眼初心者さんかな^^」って思われてそう(間違っていませんがw)。

 

撮影画像

撮影した人物・動物・風景などを載せていきます。全て加工などは行っていません。

 

人物 

▼キザっぽい雰囲気の写真を撮るの楽しい!

f:id:hamalogchan:20170630161449j:plain

 

▼おうちの前で

f:id:hamalogchan:20170630160757j:plain

 

動物

 ▼井の頭公園にいたリス

f:id:hamalogchan:20170630153655j:plain

 

▼猫カフェの猫

f:id:hamalogchan:20170630153405j:plain

 

▼うちの愛犬。

f:id:hamalogchan:20170630153453j:plain

 

▼写真でもモフモフ感が伝わってきます。

f:id:hamalogchan:20170630153506j:plain

 

 ▼鎌倉のあじさい

f:id:hamalogchan:20170630154055j:plain

 

 ▼鎌倉のあじさい 

f:id:hamalogchan:20170630154113j:plain

 

風景 

▼昭和記念公園

f:id:hamalogchan:20170630153637j:plain

 

▼鎌倉の寺

f:id:hamalogchan:20170630153348j:plain

 

撮影したレンズ

将来フルサイズ機の購入を見込んでフルサイズ対応のレンズを使用しています。小さくて軽いので持ち運びも楽々。ASP-C機でも問題なく使えますが、狭い室内だと寄りの写真しか撮れません。 

 

購入時に揃えたいアクセサリー

写真をとるためにはSDカードは必要です。32GBあれば写真が約15000枚。動画が約14時間撮影できるので32GB以上の容量がおすすめです。 

 

液晶保護フィルムは傷つかないように念のためつけておきたい。 

 

乾燥剤の入った防腐庫に入れておかないとレンズや本体がカビてしまうので、保存するためのケースは必須です。乾燥剤やレンズクリーニングペーパーなどのメンテナンス製品もついているのでおすすめ。 

 

レンズが傷つかないようにレンズにレンズを装着します。 

 

本体やレンズを持ち運ぶためのバッグ。あると便利。

 

まとめ 

EOS Kiss X7の後継機種『EOS Kiss X9』が2017年7月下旬の発売が発表されました。

 

ですが、一眼レフデビューしたい人は「Wi-Fi・NFC・Bluetoothなどでスマホに転送したい!」とか「液晶を動かして自撮りしたい!」って気持ちがなければ、安くて持ち運びにぴったりな世界一最小最軽量の「EOS Kiss X7」で満足できるかと思います!