屋上天空大露天風呂の開放感で全裸を愉しむ!箱根湯本・天成園の天然温泉

スポンサーリンク

どうも、無類の温泉好きニートです。

久しぶり神奈川県の温泉スポット箱根湯本に行ってきました!静岡旅行の帰りに温泉に浸かって帰ることになりました。日帰りで入浴出来て、タオルのレンタル付きの温浴施設を選んだ天成園めちゃよかった!一言でいえば全裸が捗る温泉!

スポンサーリンク

箱根湯本

この温泉街の落ち着いた雰囲気大好きです!時間がなかったので車でパーッと通り抜けるだけでしたが、本当は散策とかしたかった~。

f:id:hamalogchan:20170224124818j:plain

天成園

駐車場からは建物の全貌を捉えきれないくらいデカい!入館する時間帯にはホテルのドアマンもいるし、高級感を感じさせてくれます。玄関マットを照らすライトが若干ラブホっぽいのが気になりますが…。

f:id:hamalogchan:20170224124828j:plain

館内の1階ホールは広々としており、宿泊者だけではなく日帰りの入浴客も浴衣を着てゆったりとできます。

f:id:hamalogchan:20170224123611j:plain

カウンターも広々としています。最近スーパー銭湯しか行ってないので旅館きたー!温泉きたー!って感じが味わえました。

f:id:hamalogchan:20170224124806j:plain

女性は浴衣を選ぶことができます。好きなの選べるのってイイね!

f:id:hamalogchan:20170224124755j:plain

エレベーターホールはやたらゴージャスでした!壁にかかっている絵も購入できるみたいです。値段はなかなかお高かったです。

f:id:hamalogchan:20170224124746j:plain

エレベーターも金色ですよ!金閣寺かな?ちなみにエレベーター内の床は畳でした。

f:id:hamalogchan:20170224124735j:plain

7階が男性浴室です。

f:id:hamalogchan:20170224124721j:plain

いざ、入浴。

歯ブラシや髭剃り、ボディータオルも使い放題!洗い場も広くて快適。ドライサウナだけではなく、ミストサウナもあります。屋内の窓は全面ガラス張りで内湯に浸かりながら箱根の自然を楽しめます!

露天風呂は天井が抜けていて開放的!源泉掛け流しの石風呂もあるので、なんとも贅沢なひと時を過ごせます。

f:id:hamalogchan:20170224124151j:plain

朝風呂はこんな感じ。癒し効果のある緑地風景を楽しむことができます。

f:id:hamalogchan:20170224124204j:plain

その他の施設

温泉以外の施設をご紹介。

ピンクのライトが厭らしいリラックスルーム。

f:id:hamalogchan:20170224124558j:plain

エッチなスペースかと思ったでしょ?ただのリクライニングチェアーのあるリラックススペースでした。室内は暗くブランケットも借りられるので、時間さえあれば爆睡できます。

f:id:hamalogchan:20170224124609j:plain

みんな大好きなゲーセンも入ってます。

f:id:hamalogchan:20170224132254j:plain

屋外に行くと、冬季限定のイルミネーションのトンネルがありました。よみうりランドも気を抜いていられません。

f:id:hamalogchan:20170224124639j:plain

ハートのイルミネーションもあり、カップルがイチャイチャしながら写真を撮っていました。セルフで撮れるように、台座付きですよ。

f:id:hamalogchan:20170224124647j:plain

パワースポット「玉簾の滝」も間近で楽しめます。近くまで寄れるので、マイナスイオンをジャンジャン浴びることができます。

f:id:hamalogchan:20170224124704j:plain

その他にも、レストランやエステなども入っていました

まとめ

やっぱり温泉って最高!特に露天風呂ね!ホテルは低い場所に建てられているので、他のホテルの高層階や、道路から丸見えなんですよ(男湯)。このもしかしたら見られちゃってる感。無駄に全裸で露天風呂をうろうろしたり、外気浴しちゃう感じ。たまらないよね~。都内の銭湯では先ず味わうことができません。ニートだけど、めちゃくちゃリラックスできて日々の疲れも吹っ飛んじゃいました。

滞在時間が1時間30分くらいの短い時間だったので、満喫することは出来なかったものの大満足でした!

施設情報

施設名:天成園

時間:10:00~翌朝9:00

URL:http://www.tenseien.co.jp/

スポンサーリンク