ソーシャルアパートメントの内覧・契約・入居までの方法




 

f:id:hamalogchan:20170623103538p:plain

 

どうも、ソーシャルアパートメントに住んでいるしゅうへです。

ソーシャルアパートメントは大人数で同じ空間を共有するシェアハウスです。一番大きな物件では180世帯の人がアパート内の共用スペースを使用します。そのため与信審査以外にも、人物面の評価などがあります。

このページではソーシャルアパートメントの入居方法をご紹介!

スポンサーリンク

ソーシャルアパートメントとは

f:id:hamalogchan:20160518230504j:plain

そもそもソーシャルアパートメントとは、グローバルエージェンツが運営する【一人暮らしの空間+α】を提供する新しい形態のシェアハウスです。

【徹底解説】ソーシャルアパートメントについて全部教えます! 

内覧の予約をする

ソーシャルアパートメントは内覧をしないと入居することが出来ません。ソーシャルアパートメントの公式ページの物件一覧より、自分の入居したい物件ページから内覧の申込みをします。

f:id:hamalogchan:20170430221029p:plain

必要な情報を入力

名前・メールアドレス・電話番号を入力して確認ページへ進むをクリック

f:id:hamalogchan:20170430221057p:plain

内覧希望日を入力

希望入居日を選択し、内覧希望日を入力して送信。

f:id:hamalogchan:20170430224639p:plain

メールを受け取る

内覧の日程が決まり次第メールで連絡が来ます。

f:id:hamalogchan:20170501115547p:plain

内覧

内覧で施設の説明を受けたら申し込みをするか決めます。

内覧では施設内の設備や住人の年齢層、水回りの混み具合などを説明してくれます。他にも気になることがあればドンドンと聞いちゃいましょう!

※礼金無料やフリーレントキャンペーンをしている場合、内覧当日に申し込みをしないとキャンペーン対象にならない可能性があります。

人物面の入居審査

内覧は運営会社のスタッフが行っており人物面と信用面の入居審査を行っています。内覧は1〜2時間かけて行われ、内覧中のコミュニケーションで人物的に適しているかどうかを判断しています。

一般的なシェアハウスは初期費用がなく誰でも入居できるイメージがあります。ソーシャルアパートメントは、しっかりと審査を行っているので安心して入居することが出来ます。

契約

内覧での申込後に、電話とメールで入居審査の連絡と契約の案内がきます。メールには、初期費用の請求書・ソーシャルアパートメントの利用規則・個人情報取り扱いについてのPDFファイルが添付してあります。

初期費用の振込

初期費用は、保証金・礼金・当月分と翌月分の家賃・家賃保証料です。期日までに指定の振込先に合計金額を振り込みます。

僕はキャンペーンで礼金がかからなかったので合計で約18万円でした。

契約書の記入

契約と鍵の受け渡し場所を案内されます。東京近辺の物件は、株式会社グローバルエージェンツの渋谷オフィスで行われます。

神戸・京都・北海道と関東以外の物件は別途指定があると思います

契約当日の持ち物

契約当日に必要なものは3つです。

  • 銀行印、認印
  • 銀行口座の分かるもの(通帳など)
  • 振込明細書

※初期費用の確認が取れない場合、銀行印を忘れた場合は契約できないので注意して下さい。

鍵の受け渡し

契約を済ませ、ソーシャルアパートメントで生活するための注意点等を説明してもらったら鍵を受け取ります。これで晴れてソーシャルアパートメントに入居することが出来ます!

お得なキャンペーン

礼金無料やキャッシュバックのキャンペーンもやっているので、お得に入居することができます!

▼お得に入会できる方法はコチラ

礼金無料に2万円返金!?ソーシャルアパートメントのお得な入居方法!

まとめ

以上がソーシャルアパートメントの入居方法です。気になる物件があったら、満室でも予約ができるので問い合わせてみることをオススメします。

スポンサーリンク