ドローン

ドローン初心者のための入門機『ジーフォース Hubsan X4』感想・レビュー

最近、空撮に興味がありドローンを購入しました。

ドローン初心者向けのサイトでは色んな機体が紹介されて、何を買えばいいのか分からないって人が多いと思います。

機体選びで悩むと今後買うことがないと思ったので、適当にサイトで紹介している10,000円以内で買える『G-FORSE Hubsan X4』という機体を購入したので紹介します。

ジーフォース

G-FORSE(ジーフォース)とは、ドローンを扱う製品規格・輸入卸販売業者です。ちなみに、東京都千代田区にあるようです。

 

Hubsan X4

一万円以内で買えるホビードローン。

ドローンの重さが200g以上の場合、航空法で飛行エリアが制限されて飛ばす場所を探すのに苦労します。

こちらのドローンは200g以下のため航空法に引っかからずドローンを飛ばすことが可能。お家の中でも飛ばせるのでドローン初心者の入門機体にぴったりだと思います。

製品名 Hubsan X4
品番 H107C-1
重量 51g
寸法 83 × 84 × 33 mm
画素数 200万画素

 

ビックカメラやヨドバシカメラなどの量販店でも販売しているので安心感がありますし、Youtubeで飛ばしている人もいるのが決め手でした。

 

手のひらサイズで自宅で練習可

手のひらサイズで小型なので6畳くらいの小部屋でも練習ができます。本体バッテリーの持ちは1時間の充電で10〜15分飛ばせるくらいです。

 

プロペラガード付きなので部屋の中での練習も気軽にできます。

 

操作が難しい

自動でホバリングしてくれる機能がないので、初めて飛ばす人は一苦労だと思います。

ぼくも初フライトしたときは壁や天井にぶつかりまくって落下して挫折しかけましたw

一日二日練習をして慣れてくるとホバリングが出来たり、旋回ができるようになるので一気に操作するのが楽しくなります!練習中に落下させすぎてプロペラが何度も折れカメラは壊れましたが…w

羽が壊れやすいので一緒に購入したほうがいいです。

 

単4電池が必要

専用のコントローラーでドローンを操作します。

 

単4電池が必要になるので持っていない人は用意しておきましょう。

電池持ちがよくないのでエネループなどの充電池があった方がいいです。

 

まとめ

他の機体との比較はできませんが、しっかりと自分でドローンを操作したい人にはぴったりな機体です。

勝手にホバリングしてくれる機体だと簡単すぎておもしろくないって人もいるし、10万円以上の機体を買い空撮にチャレンジしたいって人はイザってときに自力で操作しないといけないので、その時のためにドローンを飛ばす技術を磨きたい人におすすめです。

1万円以下で買える安いドローンで画素数が200万画素とガラケー並みのクオリティーのため、幸いにもカメラが壊れたときにショックに思わなかったのが良かったですw