【レビュー】Loctek座位・立位両用スタンディングデスクM1で作業効率アップせよ!

スポンサーリンク

どうも、しゅうへです。

先日、Loctek社の方から「よかったら我が社の商品を無料でプレゼントするので、ブログで紹介してみませんか?」と太っ腹なお問合わせがきました。

商品レビューに憧れていたので二つ返事で返事!ということで、『座位・立位両用スタンディングデスク』のレビューをしていきます。

スポンサーリンク

『Loctek』とは


Loctekのモニターアーム、昇降スタンディングデスク、フィットネスバイクなどの製品は、世界中の金融、証券、政府機関、学校関連で採用されています。研究員170名以上、480以上の特許を保有高度な研究開発チームR&Dセンターを保有しモニターアーム技術に関して、世界有数の製造技術と研究・開発力を持った会社です。

座位・立位両用スタンディングデスク 高さ12段階調節付 27インチ M1B

今回レビュー依頼を頂いた製品はこちらです。

ザックリとした特徴

  • 座位・立位兼用
  • 上下垂直方向昇降でスペース削減
  • 12段階の高さ調整
  • モニターアーム取り付け可
  • 健康リスク軽減
「長時間座ったままのデスクワークは健康に悪いから立って仕事しようぜ!」が簡単に実現するデスクです。

公式サイトより引用:https://www.fleximounts.jp/deskriser/

着荷

重量が23kgなのでめちゃくちゃ重いです。女性一人では設置するのが大変だと思います。

ダンボールを開けると厳重に発泡スチロールに包まれてました。この発泡スチロールが歴代トップクラスの固さ!大きさはiPhoneの80倍くらいです。

組み立て

中に入っているパーツは少なく、ほとんど完成された状態なので組み立ては楽ちんです!

内容物

  • 本体
  • キーボードトレー
  • キーボードトレーのパーツ
  • キャップ
  • 結束バンド
  • ボルト

※キーボードトレーの組み立てにプラスドライバーが必要です。

①キーボードトレーとそのパーツをドライバーでネジ止めします。

②本体とキーボードトレーをくっつけます。

③本体にキャップをはめます。

完成!!

わずか3工程で完成しちゃう手軽さ!外部キーボードを使用しない場合は、キャップをはめるだけです。

完成

艶のないブラックで高級感があります。

重厚感があり、慣れないうちは圧迫感を感じます。

一番下にくるように調整してもiPhone6よりも大きい!

タブレット・スマホスタンド付き!

デスクトップPCでの使用

モニターのみを載せる場合はデスク全体を広々と使えます。

横から見てみると贅沢にデスクを使っているのがわかります。コーヒーカップやお菓子を置いてもスペースが余るくらいです。

座位での使用感はとにかく使いやすい!キーボードが打ちやすいようにトレーの高さで調整すると、モニターが目線の位置にきて丁度良かったです。

キーボードトレーの耐荷重は2kgなので安心してタイピング可能。

 

立位の高さにしてみると、こちらも丁度いい高さに設定できました。

初めてスタンディングで作業をしましたがめちゃくちゃ快適です!

ノートパソコンでの使用

僕が普段使っているMacBookの13インチを載せても十分なスペースがあります。

ノートパソコンのキーボードを使用する場合、一番縮めてもスタンディングデスク自体の高さがあるため、腕が上がってしまい楽に使うことができません。

スタンディングでやる場合は腕は楽ですが、キーボードを打ちやすい位置に高さを調整するとモニターを見るために視線を下げないといけないので、作業がしにくかったです。

ノートパソコンを使用する場合は、外部キーボードを使用したほうが使いやすいです!

良かったところ

デザインがかっこいい

自宅にもオフィスに置いてもマッチしそうなデザイン。

ブラックとホワイトの2色展開なので使いやすいと思います。

集中して作業ができる

スタンディングでの作業は驚くほど集中できます!ずっと座りながら作業をしていると、時間が経つとソワソワしてくるため気分転換に散歩に行く事が多かったです。

しかし、スタンディングデスク導入後は【集中力が切れたり腰が痛くなったら立って作業】【疲れたら座って作業】を繰り返して行うことで集中力が持続します!

また普段デュアルディスプレイで作業しているんですが、YouTubeを流しながら作業ができるため集中して作業が出来なくなることが多いです。

スタンディングデスクを使用すると、画面の位置が大きく変わるためYouTubeを見ながら作業をすることがなくなりました。

12段階の高さ調整

16〜51cmの高さまで12段階の調整可能。

スタンディングデスクを設置する机の高さよって、どんな身長の人にも対応できます。

腰に優しく健康的


毎日デスクワークをしていると寿命が短くと言われているので、立って作業をするだけでも大きく変わるんじゃないでしょうか?

なにより腰痛が軽減したのが一番嬉しいです!

気になったところ

大きくて重い

横幅約59cm✕縦幅約67cmと大きく商品重量23kgと重いです。また机の耐荷重によっては導入できない可能性もあるので、設置する机の大きさと耐荷重を事前に調べておく必要があります。

※耐荷重をクリアしていない机では使わないようにしましょう。高さを調整する時に力をいれて真下に圧力をかけるので危ないです。

デュアルディスプレイでの作業には向かない

ノートパソコンとモニターをデスクに2つ乗せると窮屈で使いづらい。モニターを端に置くことになるので落ちそうで不安になります。

モニターアームを取り付けると解決可能。僕の使用しているモニターはモニターアームに対応していないので使えません…。

まとめ

スタンディングデスクは作業に集中できて腰も痛くならない健康的でいいものでした。

一日中座ったままデスクワークをしていて、設置できる環境の方にはおすすめです!

また、企業限定かは分かりませんが無料体験受付中なので応募してみてはいかがでしょうか?社員の生産性が上がるかもしれませんよ!

スポンサーリンク