やる気みなぎる!胸が熱くなるおすすめ漫画特集!

スポンサーリンク

突然ですが、日常生活で胸が熱くなることってあまりなくないですか?

最近の僕は、わくわくした気持ちになれずやる気も起きません。そんな時「胸が熱くなってやる気を起こさせてくる出来事ないかなー」って思うんですよね。

そんな簡単に起こらないわ!って思いますが、漫画を読むだけで胸が熱くなりやる気がみなぎってくる”胸アツ神漫画”作品があるので順不同で紹介していきます。

スポンサーリンク

喧嘩商売

僕がいま一番好きな漫画でとにかく熱いです!格闘や喧嘩ものの漫画が好きな人は絶対に読んでください。

「多種ある格闘技が目つきあり、金的ありのルールなしの『喧嘩』で戦った時に最強の格闘技はなにか…。」という最強の人物を決めるストーリです。

引用元:blogs.yahoo.co.jp

実力のみで勝負が決まるわけではなく、相手を上回る策略により格上の相手を倒す展開もあるため先が読めません。

主人公は高校生の佐藤十兵衛。作中で対戦する相手は、脳内ホルモンを自由に操ることが出来る「喧嘩屋」、勝つためにはどんな卑怯な手も使う「オリンピック柔道競技100kg超級金メダリスト」、痛みが快感の不倒のドMボクサー「東洋のフランケンシュタイン」など、いづれもクセモノ揃い。

柔道金メダリストとの対戦は、歴代の格闘漫画のバトルでもトップクラスです。読み終わるころには「燃えるぜ」っと口ずさんでいるでしょう。

引用元:喧嘩商売

なお『喧嘩商売』は戦闘パートと下ネタパートの2部構成になっていて下ネタパートは受け付けないって人もいます。

けど、それを上回るくら戦闘パートは面白いです!(6巻からの喧嘩屋との対戦・17巻からの柔道金メダリストとの対戦は必見!)

喧嘩商売は24巻で完結。続編『喧嘩稼業』はヤングマガジンで連載中

うしおととら

退魔の槍を手にした主人公が悪い妖怪を退治するべく冒険の旅をする物語。

少年と妖怪との絆友情は必見です。道中のエピソードは少年漫画らしい真っ直ぐで熱く泣けるくらい感動します。

そして各エピソードはラストバトルを大いに盛り上げてくるんです!もはや鳥肌モノ。うしおととらを読んで感動しない人とかいるの?ってレベルです。

ちなみに僕の大学時代のゼミの教授が一番好きな漫画でもありますw

からくりサーカス

『うしおととら』の作者です。

遺産相続で命を狙われる少年、人を笑わせないと死んでしまう病気を持った拳法家、からくり人形を操る女の3人の主人公。まず冒頭の3巻「えっ…!」という衝撃な展開から物語が大きく動き始めます。

『うしおととら』に負けず劣らず、とにかく熱くて感動します。風呂敷を広げまくった壮大なストーリーに張り巡らせた膨大な伏線。しっかりと完結するのか読んでて不安になりますが、見事なまでに伏線を回収して物語は綺麗に収束します。

好きな漫画で上げる人が多くいるのも頷ける最高に熱くなる漫画です!

キングダム

最近話題の『キングダム』は、皆んなが口を揃えて「熱くなる」と言うだけはある漫画です。

中国の歴史漫画だと思って嫌煙していましたが歴史とか関係ありません。ゲームの三國無双を漫画で読んでいるかのような面白さ!

引用元:キングダム

力の強い武将同士の一騎打ちのシーンは心に火がつくほど熱くなります。また、三國無双のように強い武将が一人でガンガンと倒していくだけではなく、陣形や地の利を使った策略で無謀な戦を攻略していくバトルもあるのが最高!

とにかく熱い展開に一度読み始めると止まらなくなりますよ。

医龍

医学漫画って熱くなるの?っと思う人いると思いますが、一言言わせてください。「人の生死が関わる人間ドラマこそ熱くなるんです!」

主人公の天才外科医・浅田を中心に、医療ミス・内科と外科の対立・医療制度問題などの社会派なテーマを扱っており、大学病院の派閥争いなど白い巨塔のような要素もあります。

医龍の最大の魅力は、まるで生きてるかのようなキャラクター達です。随所で見せる生々しい表情に、凡人にしかわからないようなエピソードも多いです。

そして展開もおもしろいんですが、とにかく熱くなる名言が多いんですよ。

”腕ってやつは、上がってると感じてなきゃダメなんだよ。 維持してると思ってんなら、落ち始めてるってことだ。”

引用:医龍

熱くなりませんか?こんな感じの名言を作中にバカバカとぶち込んできます!

人の命の重さなども考えさせてくれる名著。未読の方は是非手にとってみてください。

ピンポン

卓球って地味な人がやるスポーツってイメージありませんか?正直僕も思ってました。と言うより、卓球=スポーツって考えすらありませんでしたが、ピンポンを読むと「卓球かっこいいー!最高!!」って叫びたくなるほどの熱いスポ根漫画です。

5巻で完結する物語りながら努力・挫折・成長、一部の才能ある人しか活躍できないスポーツの残酷さを見事に描いています。実写映画化やアニメ化もされていますが、断トツで漫画がおもしろい!

スラムダンク

卓球最高!っと言いつつも、やっぱりスラムダンクは熱くなりますよね。言わずもが誰もが認めるスポーツ漫画の代名詞。

「安西先生…!バスケがしたいです…」はもはや誰もが知る名言ですし、最終巻の山王戦とか鳥肌が立つほど熱く感動させられますよね。

まあスラムダンクに関してはなにも言うことはありません。

まとめ

やる気が起こらない人は息抜きがてら是非読んでみてください!胸が熱くななりやる気がでますよ!

これからもそんな漫画作品に出会ったら順不同で紹介していきます。

スポンサーリンク