未経験から正社員へ!元無職おすすめの転職活動方法

スポンサーリンク

2017年の2月に退職してから、失業手当を受給しつつ7ヶ月生活。

「転職(就職)活動なんて余裕っしょ〜」っと余裕ぶっこいて失業手当が切れると同時に就活を始めました。

しかし、思いの外内定が貰えず無職の状態で未経験の職種に就く大変さを強く感じました。

結果を言うと2社から内定を貰えたんですが、就活を始めてから約3ヶ月もかかりました。

就活方法

一般的な転職サイトと転職エージェントを併用するのがおすすめです。

おすすめの就活方法は、リクナビやエン転職などの転職サイトを利用しつつ、リクナビエージェントやDODAといった転職エージェントに登録し書類の添削やサポートを受けながら進めることです。

転職エージェントを利用すると、書類の見せ方などテクニック的な部分を教えてくれるので書類選考の通過率が格段に上がります。

▼基本情報

  • 年齢:27歳
  • 転職歴:3社経験
  • 未経験の職につきたい
  • 短期間の離職でスキル不足
  • 無職歴10ヶ月

 

こんな低スペックでも就職することができました。未経験でもおすすめの転職サイトを紹介していきます。

 

転職サイト

就活のときのように、求人が上がったら応募をして書類選考後、面接などを行うものです。

 

エン転職

一番使っていた転職サイト。色々な業種や職種のがあるので、始めて転職活動を始める人にもおすすめです。

他社の求人に比べ新着求人が圧倒的に多く、条件を絞った状態でも新着求人だけで200〜300社アップされることが多い。きっと興味のある会社が1社は見つかるはずです。

エン転職のポイント

  • 求人数が多い
  • 未経験者歓迎・業界未経験歓迎求人が多い
  • 求人を新着で絞ったときに日付順でソートされる
  • 独自取材や面接レポートなど各企業の書類・面接対策の情報が豊富で、志望動機などが書きやすい。
  • 転職会議のように社員・元社員の口コミが見られる

>>『エン転職』をみる

 

リクナビネクスト

求人数が多く、85%がリクナビNEXTでしか扱っていない限定求人です。営業職やエンジニアなどの技術職、サービス業界の求人を多く扱っています。

「夢◯」や「大◯建託」などのお決まりのブラック求人が新着の度に出てくるのも特徴。

←会社ごとに検索非表示のブロック機能実装されないかな…w

 

リクナビNEXTに登録していると『グッドポイント診断』という、自分の強みを無料で診断してくれるサービスを使うことも出来ます。自分の向いてる仕事や、面接対策の手助けになるはずです。

>>『リクナビNEXT』をみる

 

マイナビ転職

大手転職サイトなので、こちらも登録しておけば間違いありません。

イメージ的にはエン転職のように未経験者歓迎の会社が多くなく、リクナビほど質のいい求人を扱っていない中途半端なポジションです。たまにいい求人が掲載されるので、更新日に念のためチェックしていました。

>>『マイナビ転職』をみる

 

その他転職サイト

エン転職・マイナビ転職・リクナビネクストに登録しておけば十分だと思いますが、自身のキャリアを考えて色んな転職サイトに登録してみることをおすすめします。

>>『DODA』

>>『Green』

 

転職エージェント

転職エージェントとは、転職希望者に対して専門のアドバイザーがつき、書類の添削やアドバイス・面接対策を全て無料で行ってくれます。

一般の転職サイトには掲載されない特別な求人もあるので、転職サイトで個人で進めつつ転職エージェントの求人を探すのがおすすめです。

 

リクルートエージェント

ぼくはリクルートエージェント経由で内定を獲得しました。

実力者向けの求人が多いものの未経験者向けの求人も多くあります。リクナビNEXTでは扱いが少ない、WebマーケティングやECサイトの運用など、Web系の内勤職も充実。

人気のある職業ですが、書類の添削などを行ってもらうことで書類選考を通過することが多く、憧れの職種に就くチャンスがあります。

>>『リクルートエージェント』を見る

 

ワークポート

IT・Web業界に転職したい人向けの転職エージェントです。ITエンジニアやWebディレクターへ転職したい人は是非一度相談することをおすすめします。

IT関係への興味はないものの好奇心で面談へ行ったらアドバイザーが親身になって取り組んでくれたのが印象的でした。

面談をしたのは2年までIT・Web業界向けの求人ばかりでしたが、今は幅広い求人を扱っています。IT業界に興味のない人も是非登録してみてはいかがでしょうか。

>>『ワークポート』をみる

 

ウズウズキャリア

第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェントです。

一人あたり平均20時間のサポートで、「経験がなくて不安」や「フリーターだけど就職したい」「なんの仕事が自分に向いているのか分からない」などの不安としっかりと向き合ってくれます。

2年前に利用したときは、キャリアの方向性や自己分析などしっかりと面談をしてくれました。けど、求人自体はあまり魅力的なものは無かったので面談一回とサポートを受けて使うのを辞めました。

スキルや経験がないけど正社員になりたい22~26歳向けのサービスです。

>>『ウズウズキャリア』をみる

その他の転職エージェント

担当者との相性が悪く、登録したもののすぐに利用しなくなったエージェントです。

希望する職種が多かったり、際立つスキルや経験・実績などがあれば継続していた可能性があるので、一概にダメだとは言えません。

 

パソナキャリア

始めて転職をする人や、第二新卒向けの転職エージェントです。

志望職種の求人が少なく、担当者からの電話連絡が多く希望職種以外の職業をゴリ押しされたので利用しなくなりました。

営業職への転職を目指している人にはおすすめです。

>>『パソナキャリア』をみる

 

マイナビエージェント

第二新卒向けで、中小企業の求人が多くあります。

志望する職種が少なく、希望職種以外の職業をゴリ押しされたので利用しなくなりました。担当エージェントの変更を気軽に伝えられるは良かったです。

営業職への転職を目指している人にはおすすめ。

>>『マイナビエージェント』をみる

 

転職エージェントの注意点

転職エージェントの良し悪しは担当するエージェント次第です。

担当が当たりの場合は、書類の添削や面接対策のブラッシュアップなど転職活動が格段に捗ります。

担当が外れだと、こちらの意向に沿わない求人をゴリ押しされたり、書類の添削などのサポートも投げやりな感じに扱われます。

担当が合わないと感じた場合は、担当の変更をお願いしたり他の転職エージェントを使用することをおすすめします。

ぼくは転職エージェントに6社登録しましたが、担当との相性が良かったリクルートエージェントのみを使用することにしました。

 

無職・フリーター向けの転職

就職先選びで特に気にするのは、給料や勤務地以外にも労働時間がありますよね。残業代を支給せずに長時間労働させるブラック企業も珍しくありません。

記載されている条件がいくら良くても結局は入社してみなければ分かりませんが、そんな不安を解消してくれるのが若者社員チャレンジです。

 

若者正社員チャレンジ

東京都の就職支援事業です。

約20日間の職場体験をし仕事内容や職場の雰囲気を体験することが出来るため、入社後の不安を出来るだけ払拭した状態で入社することが可能。

実習期間によって最大10万円の奨励金を貰えるので、就活しながらお金を稼げます。正社員として就職を目指す仲間と一緒に取り組めるのも魅力的です。

>>『若者正社員チャレンジ(パーソナルキャリア)』

 

まとめ

転職は、活動を開始してすぐに出来るものではありません。求人は時期ものなので、ホワイト企業がブラック企業ばかりが溢れかえる時期もあります。

条件や待遇のいい会社に入社できるように、転職サイトや転職エージェントに登録し興味のある会社が募集を開始したらすぐに応募できるよう、普段から準備だけでもしておくことがおすすめです。

スポンサーリンク