未分類

1コインで読み放題!『WEBマガジン』は暇つぶしにピッタリ!

今まで楽天マガジンやdマガジンを登録するか悩んでいたものの、決心がつかず登録していませんでした。

けど、友人におすすめされて無料体験してみたら最高でした…!今回は、実際にWEBマガジンを使ってみてわかったメリットとデメリット。『dマガジン』と『楽天マガジン』どちらを選べばいいのかを紹介していきます。

-公式ページ-
dマガジン
-公式ページ-
楽天マガジン

WEBマガジンのメリット

WEBマガジンを使って僕が良かった思った点を紹介していきます。

家でゆっくり読める

雑誌を買っても置くところがなかったり、本屋に行けば立ち読みができるので何年も雑誌を買っていませんでした。

けど本屋で立ち読みをすると疲れるしパラパラと読むことが多く頭に入ってこないことが多いです。

わざわざ本屋まで行って目当ての雑誌がなかったり、休日に着替えて本屋に行って何の収穫もなく帰ってくることが多く、「着替え・移動・立ちながら読む」という流れがなくなり、家で好きな時間にゆっくりとコーヒーを飲みながら読書を楽しめるようになったのが最高です!

暇なときにサクッと読める

雑誌を買っても意外と読むことなくないですか?僕は買って満足しちゃうのか、家ではネットサーフィン・ゲーム・テレビや映画鑑賞をすることが多く全然読みません。

スマホやタブレットにダウンロードしておけば、外出時のちょっとした時間に暇つぶしすることができます。重たくてかさばる雑誌を持ち運ばなくてもいいので楽です!

好きなページでスクリーンショット

電子書籍なので気になるページがあればスクリーンショットで保存することができます。

・ファッション誌で自分が好きなコーディネートをスクショしておけば、服を買う時の参考にする

・旅行・グルメ雑誌で気になる店舗をスクショしておく

・すぐに読めない文字数の多いコラムや情報を、後でゆっくり読むためにスクショ

雑誌の管理が不要

雑誌はかさばるので部屋に置いておくとスペースとるし、まとめて捨てるときは重かったりと管理するのも大変ですよね。

スマホやタブレットの容量さえあれば思う存分入れられるし、ワンタップでデータの消去ができるので最高!

WEBマガジン専用特典がある

雑誌によってはWEBマガジン専用の特典が用意されています。

グラビアアイドルのデジタル写真集とか、WEBマガジンに契約している人しか見ることができないので得した気分になります。

-公式ページ-
dマガジン
-公式ページ-
楽天マガジン

WEBマガジンのデメリット

メリットの方が多く感じましたがもちろんデメリットもあります。

WEBデジタルでは見れないコンテンツがある

雑誌によってはWEBマガジンでは見ることができないコンテンツがあったりします。

ジャニーズなど写真掲載が禁止しているタレントはシルエット化され、全く意味不明な内容になります。

グラビアアイドルの写真は過激なショットや際どい部分はブロックされます。めっちゃ気になる場合はコンビニでチャックすることも…。

そもそもページ自体がカットされていることもあるため、雑誌の隅々までチェックしている人にはおすすめできません。

所有欲が満たされない

雑誌を実際に所有する訳ではないため所有欲が満たされません。

雑誌をペラペラとめくって読みたい人や、紙の質感が好きな人には向いていないと思います。

-公式ページ-
dマガジン
-公式ページ-
楽天マガジン

WEBマガジンの選び方

デジタルマガジンは色んな種類がありますが契約するなら、雑誌数と価格の安さでdマガジンか楽天マガジンになるかと思います。

dマガジンと楽天マガジンの比較

dマガジンも楽天マガジンのどちらも月額約400円の低価格にもかかわらず、メジャーなファッション誌や情報誌を網羅しています。

楽天マガジン Dマガジン
月額 410円(月額プラン)
324円(年額プラン)
432円
年額 4,920円(月額プラン)
3,888円(年額プラン)
5,184円
お試し期間 31日間 31日間
雑誌数 255誌 221誌
ポイント 楽天ポイント dポイント
バックナンバー あり
雑誌によって異なる
あり
雑誌によって異なる
お気に入り機能 あり あり
ダウンロード機能 あり あり
ページのクリッピング機能 あり あり
対応機種 パソコン(win / Mac)
iOS
Android
パソコン(win / Mac)
iOS
Android
利用可能台数 最大6台
(スマホ・タブレット5台
PC2台)
最大7台
(スマホ・タブレット5台・PC2台)

 

配信されてる雑誌を、月一冊以上購入すれば多分元がとれる月額利用料金です。

普段僕は、下記の雑誌を月に一冊購入していたり、コンビニで立ち読みしてるのでバリバリ活用できています!

メンズ
ファッション誌
  • MEN’S NON-NO
  • 2nd
  • メンズクラブ
  • LEON
  • OCEANSUOMO
  • MEN’S EX
情報誌
  • GoodsPress
  • Begin
  • DIME
  • モノ・マガジン
  • MONOQLO
  • GetNavi
  • デジモノステーション
  • 日経トレンディ
  • 家電批評
週刊誌
  • 週刊SPA
  • 週プレ
  • FLASH
  • FRIDAY
  • サイゾー

『dマガジン』と『楽天マガジン』で配信されてる雑誌一覧

dマガジンよりも楽天マガジンの方が雑誌数が多く公表されているため、雑誌の取扱数が多く感じられます。

楽天マガジンは、リストに入っているものの休刊になっている雑誌や年に数回発行される雑誌も見受けられるため、取扱数はどちらも同じくらいだと思います。

『dマガジン』と『楽天マガジン』の選び方

雑誌数や値段など、どちらも同じような設定のためどちらにしようか悩むと思います。

dマガジンも楽天マガジンも30日間の体験期間があるので、両方使ってみて気に入った方を選ぶのがおすすめです。

dマガジンと楽天マガジンを選ぶ上で、おすすめのポイントを紹介していきます。

選ぶポイント
  • 好きな雑誌はあるか
  • 貯めているポイントはなにか
  • どちらが使いやすいか

好きな雑誌はあるか

取扱雑誌の比較をみてもらって、どうしても読みたい雑誌がある場合はそちらを利用すればいいと思います。

東京カレンダーは絶対読みたい!こんな人はdマガジンです。

貯めているポイントは何か

dマガジンの場合はdポイントが貯まり、楽天マガジンの場合は楽天ポイントが貯まります。

僕は楽天ポイントを貯めているので楽天マガジンを使うことにしました。年契約をすると3,888円(324円/月)と安くなるのも嬉しい!

どちらが使いやすいか

見た目のデザインも大事なため両方体験してみるのをおすすめします。

デザインの好みはありますが、使っていればなれるのでどちらでもいい気はしますが…。

-公式ページ-
dマガジン
-公式ページ-
楽天マガジン

こちらも合わせてどうぞ