【コスパ重視】YouTubeの撮影に使ってるおすすめ機材【実写・ゲーム実況】

スポンサーリンク

どうも、しゅうへです。

細々とYouTubeに投稿していますが、撮影するにあたり色々と機材を集める必要があるしなにより、何を買えばいいかわからない!!って状態でした。

色んなYouTuberの人の動画を見漁って、ネットで比較をして出来る限り安くてい良いコスパに優れたアイテムを揃えました!

今回はぼくが購入した機材を紹介していきます。

スポンサーリンク

実写動画用機材

カメラ

実写動画に必須な機材で一番お金をかける部分だと思います!

ぼくは画質の悪い動画は見る気さえ起こらない人間なので、映像が綺麗な一眼レフカメラを使っています。

 

LUMIX DC-GH5−K

多くのYouTuberが使っている一眼カメラです。一眼カメラのため画像の綺麗さは言うことなし!

一眼の動画は30分以上の連続撮影ができないものが多くありますが、パナソニック製品は30分以上の連続撮影が可能です。オートフォーカス早いので価格が高くても人気のあるカメラです。

 

LUMIX DMC-G8

GHシリーズの廉価版がGシリーズです。ホントはGHが欲しかったんですが20万は高すぎなので、レンズセットで10万円のG8を買いましたが大満足です!

 

GH5を買うお金がないけどLUMIXにしたい人におすすめです!

関連記事:DMC-G8は動画撮影におすすめなミラーレス一眼カメラ!

関連動画:DMC-G8に切り替えた!

 

カメラに取り付けるマイク

マイクを取り付けるだけで声が鮮明に聞こえるのでカメラとセットで購入するのがおすすめ!

「綺麗な映像」「音の聞こえやすさ」は動画では最重視するポイントなので、初期投資だと思って一緒に買ってください。

 

RODE VideoMicro

安くて音質がいいため多くのYouTuberが使用しています。僕もこれを使っていますが安いし音質良くなるしで申し分ないです!

 

照明

画面が暗いと動画のクオリティーが低く感じるので、暗い部屋に住んでいたり夜に撮影することが多い人は照明も用意したほうがいいです。

 

Yongnuo YN-600

自然光が入らない夜間に使っています。

Yongnuo600はLEDライトが600個も付いています。今の所は照明一つで十分ですが、2つ持っている方がいいというレビューも多いです。一つ使ってみて足りない場合に買い足してみるといいかも。

 

その他の撮影機材

実写動画に使っているその他の機材を紹介します。

 

フロア用三脚

安いけど普通に使えます!僕はこのスタンドにカメラや照明を取り付けて撮影しています。

 

卓上用三脚

フロアスタンドだと大きすぎるので、カメラや照明を卓上に置いて使うときに使用しています。

 

ゲーム実況

ぼくが使っているゲーム実況の撮影機材です。

 

ゲームキャプチャー

 

PS4やNintendo Switchの画面をパソコンに出力するために必要な機材で、接続するだけで簡単に使うことが出来ます。MacでもWindowsでも使えるのでこれさえ持っておけばいいと思います。

 

マイク

実写動画とゲーム実況で使っているマイクが違います。

 

コンデンサーマイク

ゲーム実況者で使ってる人が多くいます。コンデンサーマイクは音が拾いやすいですが、湿気に弱く扱いに気をつけないといけません。どのくらい丁寧にマイクを扱えばいいのか分からないので止めました。

 

ダイナミックマイク

ぼくがゲームチャンネルで使っているマイクです。プロのアーティストがライブでも使用しているブランド品です。雑に扱っても大丈夫っていうのに惹かれてこちらを使っています。

 

ポップガード

ノイズや湿気から守ってくれます!

 

オーディオインターフェイス

 

マイクを接続するのに必要な機材です。安いのを使っていますが問題なく使えてます。

 

マイクケーブル

 

オーディオインターフェイスとマイクを接続するのに必要なケーブルです。

 

マイクスタンド

卓上型のマイクスタンドよりも可動域が広いのでおすすめです!

 

まとめ

もしかしたらもっと調べたら初心者向けのコスパが高い機材があったかもしれませんが、満足して使えてます!

何を買うか迷って結局やらないなんてこともあると思うので、ひとまず必要なものをポチポチと買っていくのがおすすめです。

 

▼こんな記事もおすすめです

>>大満足!Amazonで買える買って良かったものまとめ

スポンサーリンク